クレジットカード」カテゴリーアーカイブ

マイルの特徴と利用方法について

飛行機に乗る人であれば身近な存在でもあるマイレージですが、乗らない人であればあまり馴染みが無いと言えます。

マイルと呼ばれているポイントのようなもので、航空系のクレジットカードに付いているマイレージサービスです、航空会社が顧客のために展開するポイントプログラムをマイレージと呼びます。

基本的なマイレージサービスは、搭乗した距離に比例したマイルというポイントを利用者に付与して、利用者は貯まったマイルを無料航空券や割引航空券、座席のグレードアップに交換する用途に利用できます。

クレジットカードにマイレージサービスが付いている場合は、飛行機の搭乗以外の普通のショッピングでもマイルが貯まるようなプログラムになっ特徴があります。

マイレージサービスを利用してマイルを貯めるメリットは、貯めた分だけ良い思いができることで、貯めたマイルの使い道としては多くあります。無料航空券や割引航空券などの特典航空券に交換できます。実はこの利用法が最も換算率が高く、お得と言えます。

他にも座席のグレードアップが可能になったり、商品や金券と換金する事も出来ます。電子マネーへのチャージも出来るので、利用法はとても多く、便利なマイルと言えます。

ANAで貯めるマイルの特徴

日系の旅行会社の一つでANAも知名度の高い航空会社の一つだとされています。

サービスの名称は「ANAマイレージクラブ」と言われており、飛行機の搭乗やショッピング、ホテルの宿泊などでマイルを集めることが出来ます。

クレジットカードを利用することによってマイルが貯まるものもあるのですが、ANAではクレジットカードを利用することによって直接マイルを貯めることが出来ないのです。

それぞれに貯まったポイントをマイルにするには手間がかかると言われており、高レートで交換すると、別途料金がかかってしまうのです。

しかし、マイルは貯まりやすいので、その点ではANAの魅力なのではないでしょうか。

貯めたマイルは、商品の交換や電子マネーとも交換することが出来ますが、特典航空券と交換するのが、よりマイルの価値が上がるとされており、旅行に行く人には特に、特典航空券と交換する人が多いと言われています。

ANAはスターアイランスに加盟しており、提携航空会社の飛行機への搭乗でもANAマイルを貯めることが出来るのは大きな魅力です。
特典航空券にする以外にも、座席のアップグレードを上げることも可能です。

必要なマイル数は区間によって異なりますが、エコノミークラスからビジネスクラスへの変更には片道で12,000マイルからかかってきます。

マイル系のクレジットカードを決めるのも難航

航空会社のマイルを「より貯めやすくする」ために、一時期航空会社とクレジットカード会社が提携しているクレジットカードを持っていたことがあります。

と、ここまで言いますと、いわゆる「マイル系のクレジットカード」選びもすんなりといったとお思いの人もいるでしょうか。けれども実際には違いますから!ここを強調して言いたいほどに、実際には違うんですからね。もうね、迷いに迷って「マイル系のクレジットカード」を選んだんですよ。

だって一口に「マイル系のクレジットカード」といっても種類はひとつではないのですから。航空会社自体も数社ありますし、それにクレジットカード会社だっていくつもの会社がありますからね。

そしてさらに、「VISA」をつけるか「JCB」をつけるかといったようなことでも細分化されておりますし。また、「マイル系のクレジットカード」にもステータスは存在していますから。一般会員だけではなく、その上にはワイドカード会員やゴールド会員などのランクだってあるわけです。

もうね、「マイル系のクレジットカード」を決めるにしても、ものすごく迷ったものです。だって入会特典からして、クレジットカード会社によって違いだってありますから。そして私にしても「少しでも多くのマイルをゲットしたい!」という思いがありますからね。ですから大いに迷ったものです。